中文版 ENGLISH JAPANESE
公式サイトのホイ機械有限公司、東莞市の友だちへようこそ!

會社のニュース

あなたの現在の位置: ホーム >>最新情報 >>會社のニュース >>巻線機を巻いて異なるコイルを作る。

巻線機を巻いて異なるコイルを作る。

發布時間:2021-05-06

変圧器の巻き方にはさまざまな種類がありますが、多くの消費者は特に理解していません。

1、トランスの巻線機は円型のコイルを巻きます

このタイプのコイルは一般的なコイルの一種で、主に中空コイルと骨組コイルの二種類があり、このタイプのコイルの巻き方は比較的簡単で、それは線の車輪を排出する位置が高くなくて、コイルの前部でも、コイルの后部でも、変圧器の巻線機の設定に注意してください

何點:

(1)工程に応じてライン徑の補正値を適宜増やし、ライン間の間隔を調整する

(2)骨格の変形量に注意して幅を設定し、換気コイルであれば幅を小さくする

(3)張りが適度に調整され、大きすぎたり小さすぎたりしない。

2、トランスの巻線機は四角型のコイルを巻きます

同コイルの典型は電機定子コイル、特徴はワイド小さな直徑大、糸徑(普通より0.5 mm、これらのコイル回りを制時注意ルーティング速度の節制や張力の節制、普通列線のラウンドの本選の位置、コイルの后ろのような本の位置を避けることができるコイル中段のむくみ、ルーティング速度ならコイルの直徑の通りに至ると糸徑を調整し、

一般的に直徑が大きいコイルの巻線速度が遅くなると、変圧器の巻線機の栗とコイルの品質に影響を與えます。

返回頂部
在线观看a片